サービス

予材管理ダイレクト支援


予材管理クラウドを通じ、現場の活動状況から問題点を洗い出し、営業の行動を改善します

予材管理クラウドを通じ、現場の活動状況から
問題点を洗い出し、営業の行動を改善します

自社のペースで予材管理を定着させたいけれど、
サポートやフォローはほしい
高額な費用はかけずに、でも確実に予材管理を定着させたい

もし、あなたがそう思われているのであれば、「予材管理ダイレクト支援」をおすすめします。予材管理ダイレクト支援では、「予材管理クラウド」というツールを活用し、組織および弊社専門スタッフと予材状況をリアルタイムで共有することができます。

予材管理ダイレクト支援には3種類のサポートがあります。組織の状況や予材管理の定着具合、予算に応じて専門スタッフやコンサルタントによる定期フォロー電話や定期フォローメールなど必要なサポートを組み合わせ実施することで、運用を停滞することなく、確実に予材管理を定着させることができます。

目的に応じた3種類のサポート

1.ダイレクトリマインドサービス
指導入力(事実の反映)

ダイレクトリマインドサービスは、予材管理クラウドに各担当が正しく事実情報を入力できるようになることを目的としたサポートサービスです。

予材管理を行う多くの組織がまずぶち当たる問題、それは各担当が予材管理表をはじめとするマネジメントツールに正しく事実を入力しないことです。「入力する時間がない」「間違った理解で入力している」「各定義が組織内で共通認識となっていない」など、正しく入力できない理由は様々です。しかし営業活動の事実が正しく反映されなければ予材管理は正しく機能しません。

ダイレクトリマインドサービスでは、 専門のサポートスタッフが御社の営業担当の予材管理クラウドをチェックし、2週間に1度、状況に合わせた入力指導を行います。御社の予材の定義に合わせ、「見込み」「仕掛り」「白地」が正しく入力できているか、お客様を正しく設定できているか、KPIを入力しているか、各メンテナンスサイクルどおりにチェックしているか、などを指導いたします。

本サポートサービスのメリット

  • 御社の営業企画部、管理職の負担なく、全指導対象者が事実情報を予材管理クラウドに入力できるようになります
  • 営業活動を事実情報を一元管理できるようになります
  • 事実を見える化することで、各担当および組織の問題点や改善点がわかり、今後の施策や計画を立てやすくなります
  • 指導対象者全員に共通言語をもたせ、認識を揃えることで組織の空気を改善します

概要

目的予材管理クラウドへの事実情報反映
内容2週間に1度、状態にあわせた記載指導と入力の追いかけ(電話)
費用1名あたり10,000円(外税)/月
指導項目
  1. 目標と見込みの記載
  2. 見込み、仕掛り、白地の定義(選択理由および具体的な行動プランの入力)
  3. 顧客の定義(予材ポテンシャル)
  4. KPIの定義(予材配線図、KPIの条件・頻度)
  5. マネジメントサイクルの定義(各種メンテナンスサイクル)

2.ダイレクトPDCAサイクル
問題提起、状態の改善

ダイレクトPDCAサイクルでは、営業活動の事実情報が反映された予材管理クラウドの情報をもとに、予材状況および営業活動状態を整理、分析し、問題箇所をご指摘し、指導対象者が状態改善のためのアクションプランを作成および行動までのサポートをいたします。

御社の予材状況および営業活動状況を予めコンサルタントおよび専門のサポートスタッフが整理、分析し、「今、何に対応すべきか」「各問題の優先順位は」「どの指標に注意すべきか」など具体的な情報を提供いたします。

また本サポートサービスでは一個人ではなく、組織としての集計値や担当別の入力値についても分析を行い、問題点、を指導対象者に共有し、具体的なアクションプラン作成のサポートをいたします。管理職、マネジャーの方が本サポートサービスを受けることで、組織で今すべきことを認識し、各担当者に具体的な指導ができるようになります。

本サポートサービスのメリット

  • 入力情報から弊社コンサルタント・専門サポートスタッフが御社の問題を分析いたします
  • 状況改善のための具体的アクションプラン作成のサポートを受けることができます
  • 組織や部下に対し具体的な施策を示し、指導することができるようになります

概要

目的予材管理クラウドを使ったPDCA
内容2週間に1度、規程フォーマットに沿って問題箇所の指摘、予材および活動状況を整理の上、 状態改善に向けたコミットメント(電話)
費用1名あたり50,000円(外税)/月
指導項目 (ダイレクトリマインドサービスの内容も含む)
  1. 予材状態の確認、振り返り
  2. 問題箇所の確認、KPI状態確認、整理検討
    -予材状態・KPI状態から読み取れる異常値(事実)の共有
    -他者との比較による異常値(事実)の共有
    -予材とKPIの連動確認
    -具体的アクションプランの検討、次回活動およびKPIの検討
  3. 状態改善に向けたコミットメント

3.ダイレクトミーティングサービス
現場の状態に基づく営業戦略の最適化

ダイレクトミーティングサービスは、予材状態や営業活動状態、取り組み状態に基づく営業現場の状況を経営層にフィードバックし、営業戦略や組織運営を最適化するサービスです。

弊社コンサルタントが御社の状態を分析し、経営層に共有するとともに、目標(予算)達成に向けどのような戦略をとるべきか、各リソースをどのように配分すべきかなど総括的なアドバイスをおこない、経営と現場で目標達成のための高速PDCAを回す環境を整えます。

本サポートサービスのメリット

  • 経営と現場間の認識のズレをなくすことができます
  • 現場事実に基づいて営業戦略、組織運営を最適化することができます
  • 目標達成に向けた高速PDCAが可能になります

概要

目的現場事実(予材状態、活動状態、取り組み状態)に基づく営業戦略(組織運営)の最適化
内容定期的に経営等の契約主体に対し、現場事実をフィードバックの上、組織の目標達成に向けた包括的なアドバイスを行う(面談・不定期開催※契約期間内)
費用1回あたり2時間 325,000円(外税)※目安

お問い合わせ

予材管理ダイレクト支援に関するご質問、お問い合わせ、お申込みはお電話もしくはフォームより承っております。

些細なことでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
TEL:052-586-8836(受付:平日9時~18時)