予材管理の現場から 予材管理ブログ

100M走と予材管理に共通すること

2018年01月12日


予材管理クラウドサポートスタッフの眞保です。

昨年の12月に横山の本、『最強の経営を実現する「予材管理のすべて」』が発売されました。
皆さんは読まれましたか。

参考書のように分かりやすく予材管理に関して書かれています。
見た目は黒ベースの表紙で、とてもスタイリッシュなデザインです。
街中や電車でこの本を持っているだけでも、とってもオシャレに見えます。

この本の中で、目標達成ラインに対する考え方として「達成主義」と「完璧主義」という考え方が出てきます。

この「達成主義」と「完璧主義」のそれぞれの考え方について、
本ではこのように説明されていました。

「完璧主義」は文字通り、「完璧をめざす」考え方です。
目標を天井だと考え、その目標を目指す発想をします。
70点で合格する資格試験では、70点ちょうどを目指すのが「完璧主義」です。

いっぽう、「達成主義」は、「目標は最低でも達成できればいい」という発想です。
「達成主義者」にとっての目標は、単なる「合格点」「通過点」にすぎません。
「めざす」ものではなく、「通過する」ものだからです。

これを読んで、陸上で100M走のタイム測定をした時に、
学生時代、先生に言われた言葉を思い出しました。

「ゴールは走り抜けろ」ということです。

100Mのゴールでピタッと速度を落とすのではなく、
ゴールの先を目指して走り抜けろということです。
100M地点がゴールだと思っていると、知らず知らずのうちに、
そこでスピードが落ちてしまい、良いタイムが出ないからなのだそうです。

それを聞いてから、私はゴールの先を目指し、がむしゃらに走るようにしています。

予材管理は、この「目標を目指すものではなく、通過する」という考え方なのですね。
100M走と予材管理の共通点を見つけることができました。

皆さんはゴールの先を目指して、走り切れていますか?