予材管理の現場から 予材管理ブログ

「無理―――!!」と思った時こそチャンスのとき

2018年07月10日


予材管理クラウドサポートスタッフの北村です。

みなさんは「無理―――!!!」と心の中で叫びたくなる時はありませんか?

通常よりも仕事が詰まっている時や、やるべきこと・考えることが盛りだくさんの時には、「絶対に乗り越えられないよ…」とスケジュールを見ながらため息をついてしまうことってありますよね。

仕事、家事、育児、介護、自身のスキルアップのための勉強、友人との約束…。

男性でも女性でも、仕事のことだけ考えればいいという人はほとんどいませんので、誰しもが己との戦いに挑む場面があるかと思います。

しかし、「無理だ無理だ」と思っていても、必死に取り組んでいるうちに「あれ?意外にできちゃった!」と自分で“ポカン”とするときはありませんか?

「無理だ」が「あたりまえ」に変わった瞬間

私は社会人1年目のころ、毎日ヘトヘトの状態で夜遅くに家に帰り、家ではご飯を食べ、お風呂に入り、寝るだけ!という日々を過ごしていました。

家に着く頃には日付が変わっている…なんてことも多く、朝も早かったため、家に寝に帰っているような状態です。

この頃、私は実家から通っていたので、「これが一人暮らしだったら死んじゃう…」と常々思っていました。

この状態で家に帰った後、ご飯を作って、洗濯物をし、家の掃除をして…。「考えただけで恐ろしい…絶対無理だ」と一人暮らしをしている友人を尊敬していました。

しかし、いよいよ一人暮らしを始めてみると、「無理―!」なんて言っていられません。

無理だと嘆いていてもご飯が出てくるわけでも、洗濯物がなくなるわけでもありませんので、生活するためには否が応でもやらざるを得ない…。

そうなると、いかに効率よく動くか?・優先順位は?・今日やらなくてもいいことは?・もっと簡単に出来る方法はないか?等々、頭をフル回転させて考えました。

すると、考え動き、さまざまなことにチャレンジしていくうちにそれが習慣化し、あたりまえのように家事と仕事を行えるようになったのです。

「実家でなにか手伝いをする」というレベルであれば、そこまで試行錯誤することは無かったと思います。

チャレンジすれば、新しい自分が手に入る

予材管理をはじめる際、「2倍の予材を積む」と知り、愕然とした方はいませんか?

それもそのはず、「無理だ!!」・「無茶だ!!」と思う予材規模だからこそ「2倍」と示しています。

横山の著書「予材管理のすべて」でも述べられていますが、「なぜ2倍なのか?」の理由の一つが「創意工夫する習慣・新しいことにチャレンジする習慣が身につくから」です。

今まで目標を達成しなくてもあたりまえだった人は、現状維持バイアスがかかっているため、新たなチャレンジをしようとしません。

しかし、【2倍の予材を積む】となったら、今まで通りに考え行動していては2倍の予材を積むことはできませんから、否が応でも考え、試行錯誤を繰り返す必要がでてきます。

これが2倍ではなく仮に「1.2倍」など、ちょっと頑張ったらできちゃいそうなことであれば、必死に考えて、工夫をして…とまではいきませんよね。

「いやいや、無理だよー!!」と思うこと取り組むからこそ、そのような状況になるのです。

「2倍なんて無理だよ…」と思っている方!だからこそです!

2倍積むにはどうしたらいいのか本気で考えもがいてみませんか?試行錯誤の先に、きっと自分でもびっくりするような新たな自分が待っています。

関連記事