予材管理とは

一問一答


Q:目標の2倍の予材をあらかじめ仕込むことは、とてもハードルが高い。特殊な業種向けのマネジメント手法か?

A:「見込」「仕掛」「白地」という3種類の予材のうち「白地」は、予材ポテンシャル分析によって導きだされた仮説です。仮説である以上、マーケットポテンシャルがある事業をしている限り、年間目標の2倍ぐらいは仕込むことができるはずです。お客様から具体的に引き合いがあったものは「仕掛」で計算するからです。

「予材管理」は仮説立案力が試されるマネジメント手法です。常に「白地」を見つける感度を、社員全員(特にお客様と接点がある営業)が持ち続けることで目標の2倍に到達させる風土ができあがっていきます。

Q:予材管理は大企業向けの手法という印象を受けました。従業員50人程度の中小企業でも実績はありますか?

A:目標の2倍の予材を仕込んでマネジメントする、というシンプルなコンセプトの「予材管理」は、企業の規模に関係なく導入実績があります。個人事業主でも「予材管理」をうまくマネジメントに取り入れて実績を出している事例はたくさんあります。

企業の規模というより、事業スタイルによって「予材管理」のあり方が変化することはあります。

Q:予材管理はクラウドサービスを利用することが前提ですか?

A:「予材管理クラウド」のサービスを利用しなくとも、「予材管理」を導入することは可能です。表計算ソフトで作成したシートや、ノートにメモをする程度でも「予材管理」はできます。「予材管理」は方法論であり、ツールの名前ではないからです。

ただ、もちろんノートに手書きよりも表計算ソフトで「予材管理」を運用したほうが格段に便利です。いっぽう表計算ソフトとクラウドサービスとでは、便利さではなく運用実績で差が出てくるでしょう。

「予材管理クラウド」は「予材管理」を組織運用することに最適化したツールです。スピーディに定着させるためには、「予材管理クラウド」をお勧めします。

疑問は解決しましたか? 解決しない場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。